FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かぶと授業 7時限 終了

3年・総合学習での「かぶと授業」が始まり、1ケ月半。昨日は、「問診」と「埋葬」、そして、「ミニ先生を決めよう」を行ないました。まず、驚いたのが、今年のサナギ目視数の多さです。 3クラスとも、半分近くがすでに「サナギ」の状態を見ることができていました。それは、例年だと、この時期にクラスに顔を出すことがなかったことも影響するかもしれませんが、1つ言えるのは、死んでしまった場合、の対処の違いです。今年は、死んでしまったら次の個体を探すことにしています。そして、もう一つ。今年は、生きているか、死んでしまったのか、わからない状態の時は、ビンから出して、確認することにしました。このことによって、死んでいる場合が早めに分かり、その結果、全体の生存率が高くなっているということも影響していると思います。

今まで、死んでしまった場合、どう対処すればよいのか、というのが、ずっと課題でした。しかし、今回、そのことを積極的に早く見つける、それをみんなで共有する、そして、きちんと埋めてあげて、死んじゃった報告書に気持ちと別れを綴り、次の個体飼育に進む、という過程を経ることで、カブトムシの命を「学習教材」として使わせていただいているんだ、という整理ができたような気がします。

昨日は、死んじゃった疑いがあるケースを、当事者と「ミニ先生」とで、学生の立ちあいのもと、それを確認し、埋めるというケースがありました。そこでは、子どもたちが子どもたち同士で、自然に手を合わせるという様子もあちました。「自然への畏敬の念」、「命の教育」、それが、10年前に目指した「おやじ会プロジェクト」の精神でしたが、その一端が、この日、垣間見れたような気がします。

次の授業は、7月に入ってから、になる予定。 先生、子どもたちによる観察がもりあがることを願っています。

コメントの投稿

非公開コメント

次回の活動まで




今後の予定
最新記事(webslice付)
powered by syany
これまでの記録
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
おやじの会が作るブログ
おやじの会の世話人Sが制作しています。ご意見、お問合せはメールフォームからお願いします。

世話人S

Author:世話人S
かぶと園Blogへようこそ

リンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。