FC2ブログ

3・23-25第二次陸高行報告

小学1年生から75歳の桜守まで、32名を乗せたバスは、23日夜発、25日夜帰、の行程を無事終えました。滝の里仮設住宅のブログには、写真入りでその様子が紹介されていますが、被災地のあちこちをめぐり、一本松で、保存会の方の話を聞けたのは、おそらく、貴重な経験で、高田松原の復活が、これからも報道されるたびに、小山さんの「実現までの道のりは大変」という、あれやこれやを思い出すことでしょう。現地の人たちと一緒に配膳した、炊き出しカレー。子どもたちが率先して動いてくれた姿は、とても、頼もしかった。 現地の子どもと戯れ、遊ぶ先生方。本当に子どもが好きなんだなあって。 再び、お手伝いいただいた、キエーロ作り。やっぱり、今度も助かりました。 生出地区へのツアーはカブトの森までは雪などのため、行けませんでしたが、ヤーコンのおやきや雪合戦。そして、何より、地元、沿岸部の子どもたちとの幼虫探しを一緒にしたのが、鶴二の子、われらの、本領発揮の場でした。 バスが仮設を出るとき、篠田は乗りこんで、「カブト幼虫も取りにいくけど、いつものように、とりすぎちゃだめだよ」って、注意事項の一つとして発表。「持って帰っても、1匹か、2匹か、な?持って帰りたい人~」って聞くと、うちの子らはだれも、手を上げず。ありゃりゃ、これじゃ、何のために取りに行くんだっけ、って思っていたら、座席の前の方で、手を上げるちっちゃな二人。虫網までもってのりこんできた仮設住宅の姉弟。「ぼくは幼虫とりたい」「私も飼いたい」。 今日はいらない、と判断してくれた鶴二の子どもたち。農家の庭での堆肥場で、なぜここにそれがあるのか、という話を聞き、そして、きょうだいのために、みんなで探し、つかまえ、2匹ずつをプレゼントできた体験は、やはり、想定外で、「事実は小説より奇なり」でした。 帰りのバスでは早くも次は、5月だ、8月だ、という声が聞こえたといいます。 思えば、5月は、カブトの森で幼虫をとり、ビン飼育できるようにし、8月の第一週に、そのカブトたちでバトルをする。そういうストーリーを描くことは簡単です。ナンダ―にも書きましたが、見えたゴールを目指さない手はない。そう思うと、おのずと頑張る力が湧いてきます。多くの方から無理はしないで、と言われましたが、今、それをしないで、いつするんだ。そう答えた3・11直後の自衛隊員のように、ちょっと、言ってみたい気分でもあります。 その前に、今回の旅に関しても浮かれていいわけではなく、まず、そこから、考えます。 そう、近々、ご参加いただいた方々には、旅に関するアンケートを実施させていただきますので、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。 世話人s

コメントの投稿

非公開コメント

次回の活動まで




今後の予定
最新記事(webslice付)
powered by syany
これまでの記録
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
おやじの会が作るブログ
おやじの会の世話人Sが制作しています。ご意見、お問合せはメールフォームからお願いします。

世話人S

Author:世話人S
かぶと園Blogへようこそ

リンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
月別アーカイブ