FC2ブログ

1109@鶴二小 活動報告@かぶと編

久しぶりにお邪魔しました「鶴二自然クラブ」。プレイルームでグランパ先生の「野鳥教室」のあと、校庭の巣箱を確認。鳥が入った後を探し、掃除し、元に戻す活動に歓喜した後、カブトムシの「産卵場」の掘り出し作業を行いました。「上の産卵場」は残念ながら、箱の中からはなかなか見つからず、逆に隅っこの「ほだ木」の近くにいくつか、発見!みんなで作った「いるはず」の場所ではなく、自分が思った「ここにいるだろう!」の場所で、確かに見つけた子どもの喜びは、ひとしおでしょう。 そして「下の産卵場」では、続々と幼虫を発見。急遽、体重を計り、数字と名前を紙に書き出し、次から次へ、捕まえ続けるにつれ、お手伝いいただく大人の数も次々増え、さらに、体重が1位から3位まで決めようとなり、順位番号を書いた容器に、順位が更新されるたびに、虫を入れ替え・・・。一気に大騒ぎ。「上の産卵場」から帰ってきた子どもたちも捕まえ体験ができるように、4匹以上とった人は端っこのところの作業を担当。でも、そこでも、ほだ木の中から幼虫が見つかって、すると、ほだ木を割りはじめる子どももあらわれ、まあ、目を輝かせて、活動してくれました。体重の1位は、記録上は43gになっていましたが、計り直したら38g。1−3位の幼虫は、1匹ずつ飼おう、そして、今度の時に体重を測って、どれくらい大きくなるか観察しよう、と話していたのに、1位の子どもったら、「ねえ、紙に書くのは、43gがいい、38gにする?」って聞いてくる表情。何かを訴えかけるような眼差しが、可愛くて・・・。「この子の、今の体重は、何グラムだっけ?」と聞くと、「38g・・・。痩せちゃったのかなあ」と寂しそうに見つめながら、マジックで書いていました。「今後測るときは、100gになっているといいな。なったら、もらっていい?」っていうから、「おお、いいよ!」と言ってしまったら、他の子は「俺のは40gになったら、もらっていい?」と実現可能な数字を出してくる。「うーん、それはみんなで飼っているものだから、ここでは決められないかな」と答えるしかなく。久々の参加でしたが、大騒ぎの子供達と、突然、お手伝いをいただいた保護者の皆さん、関係者の皆さん、ありがとうございました。(なお、先に書きました11/23の「広袴の森の活動」に興味のある方は、nodanoda4@yahoo.co.jp へお問い合わせください)

11/23活動します!

勤労感謝の日。
鶴川の森で開拓活動、しようと思っています。そう、働く喜びを感じる日。
先日、二人の少年が夢中になって、開拓作業をしてくれました。
荒れているところを、自分の手で切り開いていく。そこに、かぶとの産卵場を作る。
それが楽しい。
二人の女の子は、寄り添って立つ2本の木の、右に左に足をかけ、木を登ろうとする。
横たわる木を運んできて、足場にして登る。楽しい、それははたで見ていて伝わる。
そんな体験を、もっと多くの子どもたちと、そして、大人たちと味わいたい。
11/9には、二小のかぶと活動にも顔出します。話を切り出せれば、声かけします。
声をかけられたら、どうぞ、よろしくお願いします。
篠田

2019年夏の取り組み@陸高

長らく更新できていなかったのですが、まずは手前の陸前高田の活動に関して、まとめます。

題して、テストとマストと。

テストは、2020年、そして、その先のビジョンに向けての模索。
1:遠隔操作のシステム(採取版、バトル版) 2:「カブトムシの森」の会場周りの可能性 3:参加者、スタッフの広がり

マストは、この夏、やるべきこと、やっておかないとけないこと
1:バトルの開催(結果、8/10−11大会と8/16大会) 2:2020に向けた広報シーンの撮影 3:産卵の仕掛け

難病、重度障害の子供への支援を行なっている遠隔操作技術の研究者や、リサイクル金メダルの先駆者、そして、プラレール職人の参戦、地元小学生や家族の応援、さらには、東和カブトムシ童夢の方との再会など、不思議な広がりと展開があり、多くの任務を遂行できました。

2/17(日)13時〜広袴自然クラブ(仮)

11時から、親子餅つき大会が広袴公園で行われます。そのあと、広袴会館に集合して、カブトの森作り第三弾を行えればと思っています。夜も、みんなで食事ができればいいな、と思っています。どうぞよろしくお願いします。

1/26産卵場作り第二弾&看板作り

前回の12月の会に続き、今回も廃ホダ木と木の杭を使った「産卵場」作りをしました。参加者は子ども10人(4歳〜中学生)と大人9人でした。風は強かったですが、道中、ゴミ拾いを行い、神社で手を合わせて、現地で活動。この森をつかわせてもらっていることを明示した看板作り、そして、いろんな森遊びをしました。会館に戻ってから、子ども食堂でいただいた食材などを使って、みんなで子ども食堂をやりました。片付けもみんなでして、楽しく、そして、アクティブな1日でした。次回は、2月17日(日)の予定。今回入れた落ち葉の「かさ」がきっと低くなっているので、追加したり、さらに、産卵場を拡張する計画もあります。来年度に向けて、頑張りましょう!

新年・巻頭言

旧年中は、さまざまな方にお世話になりました。本年もどうぞ、よろしくお願いします。

今年、2019年度の3本柱を掲げてみると
1:「鶴川かぶとむし少年たちの団(仮)」の立ち上げ、月例会活動への模索
2:まちだ○ごと大作戦
3:K2プロジェクトの前進
でしょうか。

とりあえず、1/13の広袴のどんと焼きと、1/26(土)の「かぶとの産卵場作り」に向けて、の準備から動きます。

1の活動では、「ポートフォリオ作り」を織り込もうと思っていますが、まずは、自分のそれを、まとめて、参加者募集!のチラシにしないと、と気づきました。

とりいそぎ。

しのだ
次回の活動まで




今後の予定
最新記事(webslice付)
powered by syany
これまでの記録
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
おやじの会が作るブログ
おやじの会の世話人Sが制作しています。ご意見、お問合せはメールフォームからお願いします。

世話人S

Author:世話人S
かぶと園Blogへようこそ

リンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
月別アーカイブ