FC2ブログ

2/17(日)13時〜広袴自然クラブ(仮)

11時から、親子餅つき大会が広袴公園で行われます。そのあと、広袴会館に集合して、カブトの森作り第三弾を行えればと思っています。夜も、みんなで食事ができればいいな、と思っています。どうぞよろしくお願いします。

1/26産卵場作り第二弾&看板作り

前回の12月の会に続き、今回も廃ホダ木と木の杭を使った「産卵場」作りをしました。参加者は子ども10人(4歳〜中学生)と大人9人でした。風は強かったですが、道中、ゴミ拾いを行い、神社で手を合わせて、現地で活動。この森をつかわせてもらっていることを明示した看板作り、そして、いろんな森遊びをしました。会館に戻ってから、子ども食堂でいただいた食材などを使って、みんなで子ども食堂をやりました。片付けもみんなでして、楽しく、そして、アクティブな1日でした。次回は、2月17日(日)の予定。今回入れた落ち葉の「かさ」がきっと低くなっているので、追加したり、さらに、産卵場を拡張する計画もあります。来年度に向けて、頑張りましょう!

新年・巻頭言

旧年中は、さまざまな方にお世話になりました。本年もどうぞ、よろしくお願いします。

今年、2019年度の3本柱を掲げてみると
1:「鶴川かぶとむし少年たちの団(仮)」の立ち上げ、月例会活動への模索
2:まちだ○ごと大作戦
3:K2プロジェクトの前進
でしょうか。

とりあえず、1/13の広袴のどんと焼きと、1/26(土)の「かぶとの産卵場作り」に向けて、の準備から動きます。

1の活動では、「ポートフォリオ作り」を織り込もうと思っていますが、まずは、自分のそれを、まとめて、参加者募集!のチラシにしないと、と気づきました。

とりいそぎ。

しのだ

1209かぶとの木マーキングと笹刈りと

落ち葉活動を行なった翌日、後片付けを兼ねて、小4のH・R君と森に入りました。 前の日、「カブトムシの来る木がどこにあるのか、見渡せるように目印をつけよう」と話したからです。 というのも、落ち葉集めをしようとするにも、「基地」の近くには、いい落ち葉が落ちる木がなかなか、ないことに気がついたからです。 二人で森の奥に入り、クヌギやコナラの木に近づこうとしても、笹がいっぱい。背も高く、意外と固く、はっきりいって、じゃまになります。「これはこまった」と話しながら、笹刈りハサミを使って切り出してみます。なんか、開拓な気分ですが、切るのは、意外と楽しいので、あの木を目指せ。次はあの木だ、とか、話しながら、その木にたどり着けば、木の根元を特にきれいにかりとれば、「ここに落ち葉がたまれば、かぶともクワガタも喜びそうだ!(捕まえられそうだ)」をの声も出て、期待感も高まります。(まだ、冬ですが) 赤いガムテープに「かぶとの木 大切な木 こどもの会」をかき、ぐるり、ひとまわり。全部で、20本近くマーキングしました。 近くの人も「ササを刈ってもらえるのはありがたい」と言ってくれました。 そう、かぶとの木がある、とわかれば、そこに行くための道を作るのは、苦労でも何でもなく、自分たtのため、虫のための作業になり、それが森のためになれば、こんないいことはありません。 そんなことをかんじた、日曜の昼時でした。 しのだ

1208落ち葉のプールと産卵場つくり

昨日の土曜日、広楽会のOさんや、きつねくぼのSさんの協力のもと、こどもたちと神明緑地の活用活動を行ないました。

13時、広袴会館に集合し、これから、神明社の鎮守の森にいくこと、そこでは、特別な許可をいただいて、特別な活動をすること、そして、落ち葉がたい肥になること、それがにカブトムシの産卵場、そして、幼虫の餌場になること、どんぐりの木に「菌」を打つとしいたけができること、などを説明。 参加者全員の顔合わせをしました。

一部メンバーは、Oさんと共に、せせらぎの落ち葉を回収。それ以外のメンバーは神明社にあいさつしてから、現場に向かいます。
森奥の基地に荷物を置いて、熊手、テミ、フレコン袋を手に、落ち葉を集めます。原木にしいたけの菌を打つ&木づちでたたく、などの体験も行ないました。 森の木で、滑り台を作るメンバーもいましたが、なんといっても、すごかったのは、中学生たちが、産卵場の枠を作ってくれたことでした。ふつうは、簡単に、「コの字」にしがちですが、奥のクヌギの木に連なるように、ジグザグな形に配置し、杭を打ち、その中に廃ホダ木を入れ込み、落ち葉が濃ばれ落ちない壁を作りました。

落ち葉のプール、流れるプールで、大遊びした落ち葉を、ブルーシートにのせたまま、産卵場に流し込んでみると、なんか、いい感じな場所になりました。 これから、雨が降り、落ち葉が腐り、腐葉土になれば、今度の夏には、カブトムシが卵を産んでくれると思います。 でも、まだまだ、おちばはこれから落ちるので、森をきれいにするためにも、カブトムシのためにも、そして、こどもたちがたくさんのカブトムシと出会えるようになるためにも、落ち葉集め、がんばりましょう。次回は、1/16(土)の予定です。 しのだ

産卵場作りを行いました、試しほりしました

8/5、町内某所に剪定枝チップを運び込み、山積みにしました。小学生、中学生、大学生も含むメンバーでの活動。その前には、剪定枝チップを購入し、レンンタルした軽トラで某所Bに運び、寝かしておくという大作戦も行いました。

9/8、数人のメンバーで、産卵場を試しぼりしました。軽く掘っただけでしたが20匹の幼虫が確認できました、でも、中央部分は掘ると、まだ熱を持っており、まだ発酵が終わっていないことも確認できました。もっと寝かす時間が必要だったことが判明しました。

9/9。飼育ケースで幼虫探しをしました。某所Cで育つ幼虫とは大きさがずいぶん違うので、100匹以上の小さな幼虫と60こくらいの卵と、を某所Cで育てることにし、その分の大き目の幼虫を産卵場に、放しました。さらに、幼虫掘りをした子どもたちと保護者の8名ほどで、成虫のオス2、メス5匹程度を放しました。昆虫ゼリーの置き方には、ちょっと工夫しました。9/29が楽しみです。
次回の活動まで




今後の予定
最新記事(webslice付)
powered by syany
これまでの記録
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
おやじの会が作るブログ
おやじの会の世話人Sが制作しています。ご意見、お問合せはメールフォームからお願いします。

世話人S

Author:世話人S
かぶと園Blogへようこそ

リンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
月別アーカイブ